飲み方

フルーツ青汁を長く続けていくには美味しいアレンジ方法を見つけるべし

飲みやすくても長く使えば飽きは来る

フルーツ青汁は通常の青汁に比べて飲みやすくて長く続けやすいのが売りですが続けやすいと言っても同じ物を毎日飲んでいれば次第に飽きが来てマンネリ化してしまって途中で辞めてしまう人も出てくると思います。

かと言ってここで辞めたら今までの苦労と金銭が無駄になってしまいます。

ならば長く続けいていくには変化をつける事、つまりアレンジレシピを用意する事が一番の解決策です。

フルーツ青汁の成分は活かしつつ味や食感に変化が加えられかつお手軽に出来るレシピを紹介していきましょう。

水以外の飲み物に溶かす

まず手っ取り早いアレンジレシピで言うと水以外の物に溶かす方法があります。

とは言えただ溶かせば良いという訳ではなく相性の良さそうな物を見つけるのも必要です。

その中でもオススメなのが以下になります。

牛乳

牛乳に溶かして飲む事で牛乳特有のまろやかさが追加されます。

また、フルーツ青汁は基本的には「青汁」なので、青汁臭さが多少感じる人、味や匂いで嫌煙してた人でも牛乳を入れた事で中和され、水で溶かすよりも青臭さをより無くす事が出来ます。

炭酸水

水は水でも炭酸水の方を利用し、味や成分はそのままに炭酸特有の刺激が加わり、味覚に変化をもたらしてくれます。

ヨーグルトやアイスとかき混ぜる

飲む以外にもヨーグルトやアイスと言ったデザートとかき混ぜて食して食べるやり方もあります。

ヨーグルト、特にプレーン味のだと砂糖が外付けで完備されているので甘さ調整もしやすくフルーツ青汁の苦味もヨーグルトと混ぜて中和されるので水に溶かして飲むよりも摂取しやすくなり味に変化も与えられる様になります。

アイスもヨーグルトとほぼ同様でバニラアイスだと既に甘みがついている以外はまろやかさが追加され牛乳で溶かした時と同じ様な感覚で摂取する事が出来ます。

トーストにする

フルーツ青汁のアレンジレシピとしてパン生地に練り込んでフルーツパンの感覚で作るやり方もありますがパン作りとなると少々大変で時間に食材の購入に準備も必要と結構大変です。

そこでパンはパンでも食パンにバターを少し塗った上でその上から振り掛けてオーブンで焼くのフルーツ青汁を使ってのトーストにする方法もあります。

パンにフルーツ青汁(の元)は組み合わせ悪いように見えますがきなこトーストやココアトーストの感覚で作れる上に味もしっかり残っているので飲んでばっかりは嫌で食べてる食感も欲しい人にオススメです。

トースト感覚なら時間もそんなに掛かりませんので忙しい朝でも時間をそんなに取られません。

マンネリ打破の為には積極的な変化をつける

フルーツ青汁はそのまま飲んでも美味しいけれど飲み続けていれば飽きが来始めるのは仕方のない事ですがこのまま飲み続けていやいや飲み続けるよりはお手軽な物でもいいので飲む以外の摂取方法、レシピを作るのを見つけマンネリ打破も兼ねた積極的な変化が必要になってきます。

今回紹介した方法そのまま使ってもいいのでもし飽きを感じ始めたら少しずつアレンジレシピを見つけていきましょう。